刻印、刻印製作、焼印、金型彫刻、放電加工、機械彫刻、金属彫刻の加古彫刻

焼印について

  • HOME »
  • 焼印について



bra-h3

焼印について焼印を英語で言うとブランド(bland)です。まさにブランディングすることになります。もともとは家畜に印をつけることからはじまった印鑑、ハンコのようなもの。名前やロゴ・マークを金属に彫ったものを、どらやきやパン、パンケーキなどに焼き付けて使います。 ガスコンロに直接置いて熱して使うのが直火用焼印。L字型とストレート型があります。食品にはL字型が使いやすいかと思います。コンセントに差して電熱タイプとして使えるようにもできます。電熱式焼印は別途、半田ゴテが必要となります。 その際オプションで電圧調節器のパワーコントローラーもおすすめしています。電熱式に対応が可能かどうか、見合ったコテのサイズなどはご相談ください。お見積りはもちろん無料です。
ご希望のデザイン、大きさで作るオリジナル焼印は、世界でただ一つの特別な一点ものとなります。お菓子、食品、木製品、皮製品など愛情込めて作ったものが、焼印を押すことでブランド化されグレードアップします。 当社の熟練し
た職人が作る精巧な焼き印ならば、より一層、商品の希少性、信頼性を認知させることができ、価値が生まれます。さらには販売促進の強い力となってくれます。使いやすさ、イメージ通りの仕上がりは一番だと、満足度120%で喜ばれています。 ネットショップでは、オーダー焼印だけでなく、既成の焼印として、ネコ、くま、うさぎ、はりねずみ、富士山、ハートや、合格、祝など圧倒的な数の焼印や、お得な電熱焼印セットなどを販売しております。直接お申込みいただいても販売いたしております。

bra002

焼印について和菓子では、お焼き、饅頭(まんじゅう)、どら焼き、鮎菓子、今川焼き、大判焼き、鯛焼き、煎餅(せんべい)。洋菓子ではクッキー、ドーナツ、マドレーヌ、カステラ、バームクーヘン、パンケーキ、ロールケーキ、フィナンシェ、マカロン。パンではベーグル、食パン、ロールパン、サンドイッチ、蒸しパン、ラスク等。食品ならば玉子焼き、かまぼこ、焼き豚、押し寿司、いなり寿司、肉まん、ハムなど。
木製品では、木札、竹刀、釣り竿、まな板、ボード、趣味のクラフトや木工品、浮き、アイスの当たり棒、など。花、ガーデニングならば、 ネームプレート、プランター、ベンチなど、廃材や間伐材からリサイクルしたもの、ハンドメイドなものに良く合います。革製品には、タグとして使ったり、かばん、小物入れ、財布やベルト、キーホルダなど。工房でも趣味でもよく使われます。陶芸品の焼き入れ前に印鑑、ハンコのようとして粘土に押したり、テニスボール、グローブに押すなど、用途はアイデア次第でたくさんあります。加古彫刻の焼き鏝は食べ物にも安全な素材ですので併用できます。

仕上げのひと手間にオリジナルの焼印を押してみたいな・・・
そう思ったことのある方、きっとはじめてではわからないことばかり。
どうぞお気軽にご相談ください。
経験豊かなスタッフが無料で何度でもご相談に乗らせていただきます。

加古彫刻の焼印は値段は高いのですが、正しく使えばきれいに永く使えますので、コストパフォーマンスがいいと言えます。 製作事例には、当社が作った焼印の写真がたくさんあります。

PAGETOP